借金 お金の問題なるほどコラム

借金がどうにもならない!返済に行き詰まった時の対処法は?

借金がどうにもならない!返済に行き詰った場合の対処法は?
先生、質問です。借金の返済が追いつかなくなると、もうどうにもならないって諦めちゃう人もいるじゃない?でも借金を放置しておくのはやっぱり危険よね?
そうだね。借金問題は放っておけばおくほど事態が悪化していく一方だからね。
やっぱりそうよね…でも返したくても現実的にお金がなくて返せない人はどうしたらいいの?
そういう人には国が用意してくれた救済措置である債務整理での解決がお勧めだね。債務整理なら大抵の借金問題は解決することができるんだよ

どうにもならない借金は合法的に解決するべき

どうにもならない借金は合法的に解決するべき

返しても返しても借金が減らない…
今の収入では返済を続けていけない…

真面目に借金を返していきたいけれど、どうしてもお金が足らなくて返済が苦しくなってきた時はどうすればよいのでしょうか。

一番してはいけないことは、返済を諦めて放置してしまうことです。

返済を滞納し続けると一括返済請求を受けたり、強制執行による給与差し押さえなどに発展してしまうリスクがあります。

自力での返済が難しく、どうにもならないと思う借金であっても、債務整理によって意外なほど簡単に解決できることもあるのです。

 

大抵の借金は債務整理で解決できる

債務整理は借金の返済が困難になってしまった人を救済するための制度です。

手続き方法には「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つの種類があり、どの手続きを選択するかは、その人の収入や借金の状況などに合わせて決めていきます。

基本的には、裁判所を介す必要がなく一番デメリットやリスクの少ない任意整理での解決から検討していくことになりますが、任意整理での解決が難しい人でも、個人再生か自己破産で解決できるケースがほとんどです。

債務整理の種類と特徴

債務整理の種類 手続き内容
任意整理 貸金業者との直接交渉によって、借金の利息や遅延損害金をカットしてもらい、残った借金を3~5年の長期分割払いにしてもらいます。家族や会社に知られるリスクが少なく、利用者が最も多い手続きです。
個人再生 裁判所に申し立てをして、借金総額を5分の1程度にまで圧縮してもらう手続きです。
自己破産 裁判所に借金の返済が不可能であることを認めてもらい、返済を全額免除してもらいます。借金はなくなりますが、自分の持つ財産を手放すことになります。

 

自分に適した手続きはどれ?

自分に適した手続きはどれ?

自分がどの手続きを選択するのかは、最終的には弁護士に相談をしたうえで決定することになります。

それぞれの手続きの利用条件は以下の通りですので、弁護士に相談をする前に目を通し、どの手続きが自分に向いているのかをイメージしておくとよいでしょう。

任意整理

任意整理の利用条件

  • いま現在収入があり、今後も継続的な収入が見込める
  • 3~5年で返済していける

任意整理はあくまで借金を減額する手続きであり、自己破産のように借金が免除されるわけではありません。

手続き後には残った借金を分割で返済していく必要があるため、安定した収入が見込めない人は利用することができません。

また、返済期間は3~5年になることが多く(場合によっては5年以上も認められます)、この期間で無理なく返済している人でなければ利用が難しくなります。

個人再生

個人再生の利用条件

  • いま現在収入があり、今後も継続的な収入が見込める
  • 借金総額が5,000万円以下である

個人再生も手続き後は毎月返済をしていかなくてはなりませんので、任意整理と同様、継続した収入が求められます。

借金総額の上限が5,000万円までとなっていますが、個人再生は借金の減額幅が非常に大きく、仮に5,000万円借金があったとしても、1/10の500万円まで減額することができます。

自己破産

自己破産の利用条件

  • 7年以内に自己破産していない
  • 自力での返済が不可能

病気や失業などのやむを得ない事情がある場合を除き、過去7年以内に自己破産をしていると基本的には免責(借金の返済免除)が認められません。

また、全ての借金の返済義務を免除してもらうわけですから、自力ではどうやっても返済していくことができないこと裁判所に認めてもらう必要があります。

 

多くの人が任意整理を選択している

先ほども少し触れましたが、債務整理の手続きは「任意整理→個人再生→自己破産」の順で検討をしていきます。

まず初めに任意整理を検討する理由は、他の手続きに比べ、家族や会社に知られるなどのリスクが小さく、比較的短期間での解決が望めるからです。

そのため、債務整理をする人のほとんどが任意整理によって解決をしていますが、借金額が高額になってくると、任意整理による利息や遅延損害金のカットだけでは返済負担を減らせなくなってしまいます。

その場合、個人再生か自己破産で解決を図ることになりますが、家族に知られてしまう、車や住宅などの財産を失ってしまうといったリスクを伴うことになってしまいます。

返済が少しでも苦しいと感じるのあれば、任意整理で解決できるうちに早めに弁護士に相談をするようにしましょう

東京ロータスさんは日本全国から匿名での無料相談を受け付けています。債務整理の実績が豊富なうえ、弁護士費用も最低水準なのでお勧めの法律事務所です。

 

おまとめローンは根本解決にならない

おまとめローンは根本解決にならない

借金返済が苦しい時の解決策のひとつに、おまとめローンを利用する方法があります。

おまとめローンは金融機関が提供しているサービスのひとつで、今抱えている借金をひとつにまとめて一本化することができます。

複数の借金を一本化することによって毎月の返済額が減らせますし、返済日も毎月1日だけになるので返済の管理が楽になり、返済状況も把握しやすくなります。

しかし、おまとめローンは、返済期間を長くすることにより毎月の返済負担を軽減させるものあって、借金そのものを減らすことはできません。

返済期間が長くなることによって、支払う利息が多くなり、結果的に返済総額も増えてしまうケースもあるので注意が必要です。

おまとめローンのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 借入れの状況を把握しやすい
  • 借入れ先が1社になるので精神的に楽になる
  • 月々の返済額が下がる
  • 借金自体が減るわけではない
  • 返済期間が長くなって利息が増えてしまう
  • 審査が厳しい
  • 担保を取られる

 

借金を増やさないためのポイント

借金を増やさないためのポイント

借金問題に苦しんでいる場合、毎月の返済負担を減らすことと同時に、借金をこれ以上増やさないようにすることも大切です。

そのためのポイントを見ていきましょう。

借金を増やさないためのポイント
  • 無駄な浪費をやめる
  • 周りの目を気にしない
  • ストレスを溜めない

 

無駄な浪費をやめる

暮らしに余裕がない中でも、習慣となってしまった浪費はなかなかやめることができません。

タバコや毎日の晩酌をやめられなかったり、パチンコや競馬などのギャンブルから抜け出せないといった人もいます。

しかし、こういった必ずしも必要でない浪費を少しずつでも抑えていくことが、借金を増やさないためにできる最初の一歩となって生活再建へと繋がっていくのです

 

周りの目を気にしない

周りの目を気にし過ぎるのはよくありません。「周りがこうしてるから私もこうしないと恥ずかしい」などと見栄を張ることは、余計な出費に繋がってしまうものです。

人間であれば人からよく思われたいという感情を持つことはごく自然なことですが、「人は人、自分は自分」という意識を持って生活をすることが大切です

 

ストレスを溜めない

浪費とストレスは密接な関係にあると言われています。

職場の人間関係などでストレスを感じると、それを発散するためについ無駄遣いをしてしまい、人によってはそれが快感となって、家計を圧迫するほどに衝動買いや暴飲暴食を繰り返してしまいます。

余計な出費を増やさないために、日頃から適度なストレス発散を心掛けて生活を送るようにしましょう。

 

苦しい返済を続けていくのは危険!訴えられる前に早期行動を

苦しい返済を続けていくのは危険!訴えられる前に早期解決を

毎月の返済が苦しいにも関わらず、このまま何も手を打たずに返済を続けていくことは非常に危険なことです。

 

裁判を起こされ強制執行を受ける

無理な返済はそう長く続けられるものではありません。次第に返済を滞納するようになり、借金返済のために新たな借金をしてしまうリスクがあります。

多重債務に陥ってしまうと利息の返済だけで毎月いっぱいいっぱいになってしまい、借金の元本を減らしていくことが困難になってしまいます。

多重債務者にお金を貸してくれる金融機関は少ないため、やがて完全に返済を滞納するようになってしまいます。

滞納期間中、利息はもちろんのこと、滞納したことへの賠償金である遅延損害金もどんどんと膨れ上がっていきます。

この状態が数ヶ月も続けば、債権者から返済を求める裁判を起こされてしまい、強制執行となって給与や財産を差押えられてしまいます。

給与差し押さえとなれば当然勤務先にも連絡が入りますので、借金のことがバレて会社に居づらくなってしまうかもしれません。

 

ブラックリストに載り続ける

また、借金の返済を滞納してしまうと、そのことが金融事故情報として個人信用情報機関に記録されてしまいます。

いわゆるブラックリストに載った状態となってしまい、その間、新たな借入れやローンを組むことが一切出来なくなってしまいます。

各信用情報機関によってブラックリスト期間は異なりますが、およそ5年~10年は何をするにしてもローンが組めなくなるため、車や住宅の購入、保険への加入など、今後の人生で様々なことを断念しなくてはなりません。

 

手遅れになる前に早期行動を!

手遅れになる前に早期行動を!

借金の返済が少しでも苦しいと感じるのであれば、まずは借金問題の専門家である弁護士に無料相談をして、自分に適した解決方法をアドバイスして貰いましょう。

借金問題で大切なことは早期行動・早期解決です。いま現在借金を滞納してしまっている人は、これ以上事態が深刻化してしまう前に1日も早く解決へ向けた第一歩を踏み出してください。

前述した任意整理であれば、ほとんどの手続きを弁護士が代行してくれますので借金をしている本人はほとんど何もせずに解決をすることができます

また、任意整理の手続き期間中は借金を返済する必要がなくなるため、これまで返済に充てていたお金を弁護士費用として貯めておくことができます。

いま手持ちのお金がない人でも安心して弁護士に依頼することができますので、まずは弁護士に相談することから始めてみましょう!

 

当サイトおすすめ!借金問題に強い法律事務所

債務整理に強い「東京ロータス法律事務所」

岡田法律事務所
  • 借金問題の解決に特化
  • 相談は何度でも無料
  • 弁護士費用が安い・後払いOK
  • 全国対応
  • 土日・祝日・夜間も受付

東京ロータス法律事務所は、日本全国から相談を受け付ける借金問題に特化した法律事務所です。これまでに数多くの借金問題を解決してきた実績があり、そこで得たノウハウを駆使して相談者一人ひとりに適切な解決方法をご提案してくれます。

借金を減額したいのであれば、まずは東京ロータス法律事務所に無料相談をしてみると良いでしょう。相談は何度でも無料ですし、匿名相談、土日・祝日・夜間帯での相談も受付けてくれます。

また、東京ロータス法律事務所は弁護士費用が安い事務所としても知られているので、ほとんどの人にオススメできる法律事務所です。

簡単3分!匿名・無料で利用できる「借金減額診断

東京ミネルヴァ法律事務所
  • 借金がどれだけ減額できるかを診断
  • 簡単1分・完全無料
  • 24時間受付中
  • 法律事務所が運営

今抱えている借金をどれだけ減額できるのかが、わずか3分でわかる無料の便利なサービスです。イラストで説明された簡単なシミュレーションなので、誰にでも簡単に利用できます。

「とりあえず借金をどれだけ減らせるのか知りたい」といった人は、「ミネルヴァ法律事務所」が提供する借金の減額診断を試してみることをオススメします。

東大法学部卒・25年以上の実績「名村法律事務所」

名村法律事務所
  • 東大法学部卒
  • 弁護士として25年以上の実績
  • 全国対応
  • 明瞭な料金体系・後払いOK

代表弁護士である名村泰三弁護士は、東大法学部卒の弁護士歴25年以上のベテランです。借金問題をはじめ様々な法律トラブルの解決実績があり、まさに法律のプロと呼ぶに相応しいキャリアの持ち主なので、債権者との和解交渉も安心してお任せできます。

また、弁護士費用は明瞭な料金設定となっていてわかりやすいですし、後払いにも応じてくれるのでとても良心的です。

日本全国から相談を受付けていますので、借金問題にお悩みであれば、まずは無料相談してみることをオススメします。

Copyright© 借金減額の教科書~借金返済はじめて講座~ , 2020 All Rights Reserved.