個人再生による借金の減額方法

個人再生とは、裁判所を通して借金の何割かをカットしてもらい、残りの借金を数年(原則3年)に分割して返済していく手続きのことです。

裁判所を通すことで強制的に借金が減額されるので、「任意整理で貸金業者と和解できなかった」「利息カットと月々の返済額を減らすだけでは負担が減らない」という方にオススメの手続きと言えます。

本カテゴリーでは、個人再生による借金の減額方法、個人再生のメリット・デメリット、個人再生後の日常生活への影響などを詳しく解説していきます。

なお、個人再生による借金の減額方法についてはこちらでも解説しています。

個人再生すると全銀協にブラックリスト登録されるの?登録期間は?

個人再生

個人再生すると全銀協にブラックリスト登録されるの?登録期間は?

2018/11/6  

個人再生をしたら信用情報機関にブラックリスト登録されるんでしょ?なかでも全銀協っていう機関には10年も登録されるって聞いたけど… そうだね。日本には大きく分けて3つの信用情報機関があるんだけど、個人再 ...

住宅は残して借金を大幅減額!個人再生のメリット・デメリット

個人再生

住宅を残して借金を大幅減額!個人再生のメリット・デメリット

2018/10/31  

  先生、質問です!個人再生では借金をどれくらい減らせるの?住宅を手放さずに借金を減らしたい人にオススメの手続みたいだけど!? 借入額にもよるけど、今ある借金を最大10分の1にまで減額できる ...

Copyright© 借金減額の教科書~借金返済はじめて講座~ , 2018 All Rights Reserved.