個人再生

ろうきんからの借金も個人再生できるの?手続きの注意点は?

ろうきんからの借金も個人再生できるの? 手続きの注意点は?
ねえ先生、個人再生ってさ、任意整理みたいにどの借金を整理するかは選べないでしょ?借入れ先にろうきんがある場合でも個人再生ってできるの?
もちろんできるよ。いくら低金利のろうきんでも、人それぞれの事情で返済が難しくなってしまうこともあるからね。
そっかー、ろうきんからの借金でも貸金業者と同じように個人再生で解決できるってことね!
その通り。それとね、ろうきんの場合は返済に行き詰ったら返済条件を緩和してくれる制度などもあるんだよ。

それじゃ今回は、ろうきんからの借金と個人再生について詳しく解説していくね!

ろうきんからの借金も個人再生できる

ろうきんからの借金も個人再生できる

ろうきんは、労働組合や生活協同組合で働く人々が、お互いに助け合うことを目的として資金を出し合い運営している金融機関です。

事業目的はあくまで会員への奉仕であり、利益を出すことは重要視していないため、銀行や貸金業者よりも低金利でお金を借りることができます。

しかし、いくら低金利のろうきんとは言え、急な病気や失業などで返済が難しくなってしまうこともあり得ます。

もし、ろうきんの借金返済に行き詰ってしまった場合はどのように対処すればよいのでしょうか。

結論を言いますと、ろうきんからの借金も債務整理による解決が可能です。中でも、元々金利の低いろうきんでは個人再生による解決が有効と言えます。

また、詳しくは後述しますが、債務整理以外にも「勤労者生活支援特別融資制度」を利用することにより、返済負担を軽減することもできます。

 

任意整理ではあまり効果が見込めない

任意整理は利息をカットすることによって借金を減額していく手続きになります。

ろうきんは他の貸金業者などに比べると金利が非常に低いため、必然的に任意整理で減額できる額も少なくなってしまい、手続きをするメリットがあまりありません。

また、ろうきんを債務整理する場合、利息による返済負担を軽くするためではなく、借金の元本そのものが大きすぎて返済が難しいというケースがほとんどだと思います。

しかし、任意整理で元本を減らせるケースはほとんどないため、ろうきんを債務整理するのであれば元本を大幅に減額できる個人再生が適していると言えます。

 

ろうきんの借金を個人再生する際の注意点

ろうきんの借金を個人再生する際の注意点

ろうきんを個人再生する際の具体的な注意点を確認していきましょう。

ろうきんを個人再生する際の注意点
  • 勤務先にバレる可能性がある
  • 減額される金額が減ってしまう
  • ろうきんの口座が凍結される
  • 車を没収されることがある

 

勤務先にバレる可能性がある

ろうきんからの借金は給与天引きによって返済をするのが一般的ですが、一度個人再生の手続きに入ったら、再生計画が認可されるまでは返済する必要がなくなります。

そのため、ろうきんは、債務者の代理人である弁護士から個人再生の連絡を受けると、まず初めに債務者の勤務先に給与天引き停止の通知をします。

この際、天引きの停止理由を会社に連絡するか否かは、ろうきんと会社間における給与天引きの取り決め次第のため、場合によっては個人再生が理由であることを連絡されてしまう可能性があります。

ただし、弁護士からろうきんに対して、天引き停止理由を開示しないよう掛け合って貰うこともできますので、会社バレ防止に万全を期したい人は弁護士にその旨お伝えするとよいでしょう。

 

減額される金額が減ってしまう

個人再生では、その手続きの際に偏頗弁済(へんぱべんさい)に気をつけなくてはなりません。

偏頗弁済とは、各債権者への返済を停止した後に特定の債権者だけに返済をする行為のことで、もし発覚した場合は個人再生の手続きにおいて不利になることがあります。

個人再生で偏頗弁済行為があると、偏頗弁済で返済されたお金は本来債権者に配当されるべき資産であったと見なされてしまい、返済した金額は最低限債権者に返済しなければならない「最低弁済額」に加算されてしまうのです。

もし、ろうきんの給与天引きの手続きが遅れてしまうと1社だけに返済を続けている状態となり、それが偏頗弁済と判断されて最低弁済額が増えてしまう、つまり「減額される金額が減ってしまう」ことになるので注意が必要です。

 

ろうきんの口座が凍結される

銀行からの借金を個人再生すると、その銀行にある自分名義の口座は凍結されることになります。

これは個人再生によって借金の回収ができなくなった銀行が、せめて口座内に残っている預金だけでも回収して借金と相殺しようとするためです。

それと同様に、ろうきんの借金を個人再生した場合も、ろうきんに持つ口座は凍結されてしまう可能性が高いと言えます。

ですので、ろうきん相手に個人再生をする際も、手続き開始前に預金を全て引き出しておき、公共料金の引き落とし口座などで利用している場合は、別の金融機関に変更をしておきましょう。

 

車を没収されることがある

ろうきんでは、自動車購入費を貸し付けてくれるマイカーローンを利用することができます。

マイカーローンで借り入れをした場合、ローンの支払いが終るまでは、自動車の所有権はろうきんが持ち続けることになります。

もしローンの完済前に個人再生をしたら、所有権を持つろうきんに自動車を没収され、債権回収のために売却されてしまう可能性があります。

ローン完済済みの自動車であれば、債務者本人に所有権が移っているので没収されてしまう心配はありません。

他の金融機関も含めた個人再生のメリット・デメリットについては、こちらの記事で詳しくまとめています。

 

知っておくべきろうきんの2つの制度

知っておくべきろうきんの2つの制度

ろうきんには、他の金融機関にはない債務者を支援するための制度が存在します。それが「勤労者生活支援特別融資制度」と「負債整理資金融資制度」です。

この2つの制度を利用することにより、ろうきんの借金の返済条件を緩めたり、場合によっては債務整理の費用を支援してもらうことも可能です。

それぞれの特徴についてみていきましょう。

 

勤労者生活支援特別融資制度

ろうきんでは、勤務先事情による離職や収入減で返済が困難になった人を支援する目的として、「勤労者生活支援特別融資制度」を用意しています。

この制度を利用することにより、ローンの返済条件を緩和することができるので、それによって返済負担が軽減されることになります。

具体的な緩和方法は以下の通りです。

借金返済の緩和方法
  • 返済額の減額
  • 最長で5年の元金据え置き
  • 返済条件の変更(毎月返済・ボーナス返済の残高割合の変更など)

上記の内容は全国に13あるろうきんの一例になり、地域によって緩和方法が異なる場合があります。また、この制度を利用するには一定の条件を満たす必要もありますので、詳しくはお近くのろうきん までお問い合わせください。

 

負債整理資金融資制度

ろうきんには、ろうきんからの借金のみならず、銀行や消費者金融など他の金融機関からの借金に苦しむ人を支援する制度も存在します。それが「負債整理資金融資制度」です。

この制度を利用すれば、主に以下のような目的であればろうきんから低金利で融資を受けることができます。

ろうきんから融資を受けるためのお金の用途
  • 他の金融機関の借金の借り換え、一本化
  • 債務整理の際の弁護士費用
  • 税金や公共料金などの滞納金の支払い

ただ、この制度は労働組合や生協に加盟している会員限定のサービスですので、それ以外の方は残念ながら融資を受けることができません。

会員以外の方でも借金を減額することは可能ですので、以下の無料診断にて減額できる金額を調べてみてください。

 

ろうきんとは言え、返済できなければ強制執行もあり得る

ろうきんとは言え、返済できなければ強制執行もあり得る

勤労者生活支援特別融資制度などを利用したとしても、どうしてもろうきんの借金を返済できそうになければ、1日も早く個人再生の手続きに入ることをオススメします。

いくら労働者支援を目的としているろうきんとは言え、返済の滞納が続くと強制執行によって財産を差し押さえられてしまう可能性もあるのです。

 

借金の督促は債権回収会社が行う

ろうきんへの返済が滞り始めると、まず初めに電話や書面による督促を受けることになります。これを無視していると、次は延滞損害金を含めた一括返済の督促状が郵送で届きます。

これも無視し続けると、多くの場合、保証会社が借金の返済を肩代わりにすることになり、それによって今度は保証会社や債権回収会社から督促を受けることになります。

ここでの督促も電話や書面によるものになりますが、これにも応じず放置していると、債権者の申し立てによる簡易裁判所からの支払督促が届きます。

支払督促を受け取ってから2週間以内に異議申し立てをしなければ、そのまま強制執行となって財産や給与を差し押さえられることになります。

 

借金を放置し続ければ個人再生もできなくなる

個人再生を検討する際、まずは弁護士などの専門家に相談をしたうえで、個人再生をした場合の返済予想額を計算します。

ここで出された金額と収入を照らし合わせ、現実的に3年~5年で返済していけそうであれば個人再生の申し立て手続きに入ります。

しかし、借金が膨らみ過ぎて返済が困難との結論に至ってしまうと、残る選択肢は自己破産だけになってしまいます。

「自宅だけはどうしても残したい」「世間体や職業柄、自己破産だけは避けたい」といった方であっても、借金問題を解決するには自己破産せざるを得なくなってしまうのです。

 

個人再生をお考えであれば早めに弁護士に相談を!

個人再生を検討されている方は、手遅れになる前に今すぐにでも一度弁護士に相談をしましょう。

借金問題は放っておいても絶対に解決しません。ガン細胞を放っておくとやがて身体全体をむしばんでしまうように、借金も利息や延滞損害金によってみるみる内に大きくなっていきます。

ガンを治すには早期発見・早期治療が一番であるのと同じで、借金問題も早期相談・早期解決が何より重要です。

自己破産以外に選択肢がなくなってしまう前に手を打つことが、ご自身の、そして大切なご家族の未来を守ることになるのです。

東京ロータス法律事務所は、日本全国から匿名による無料相談を受付けています。

「どこの事務所に相談をしたらいいのか分からない」「個人再生で解決できるのか知りたい」といった方は、一度相談されてみてはいかがでしょうか。

 

よくある質問

よくある質問

ろうきんと借金問題についてよくある質問をまとめました。

 

ろうきんの返済中に会社を辞めたら一括返済しないといけないの?

原則的には、退職金かその他の方法で一括返済を求められることになります。

ただし、ろうきん窓口にてしかっりと事情を説明し、ろうきん側にやむを得ない事情と判断して貰えれば、その後も返済が続けられるケースもあります。

また、場合によっては、保証人を立てて欲しいと要求されることもあります。

ろうきんからお金を融資して貰えたのは、会社在籍中であったため「労働組合が保証人」になっていたからであり、退職をして組合員でなくなるのであれば、別途保証人を求められてしまうケースもあるのです。

 

ブラックリストでもろうきんであればお金を借りれるの?

ブラックリスト期間中は難しいと言えます。

ろうきんは営利を目的としない金融機関ではありますが、融資の際には信用情報機関を用いてしっかりと審査を行っています。

ろうきんが加盟している信用情報機関は、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)の3つです。

これら3つの機関は相互でデータを共有しているため、どこか1つの機関に事故情報が登録されてしまうと、他の2つの機関にも登録されることになります。

ろうきんはこれらのデータを参考に融資審査を行っているので、ブラックリスト中の人は審査落ちとなってしまう可能性が高いでしょう。

 

ろうきんと個人再生についてのまとめ

ろうきんと個人再生についてのまとめ

今回はろうきんと個人再生についてまとめてみました。

本記事のポイント
  • ろうきんからの借金も個人再生できる
  • 任意整理ではあまり効果が見込めない
  • ろうきんの借金も返済できなければ強制執行があり得る

ろうきんの借金返済に困っている人の場合、「他の金融機関からも借金をしている」「収入がなくなってしまった」など、深刻なお悩みをお持ちのケースが少なくありません。

また、ろうきんの借金を個人再生するとなれば、給与天引き停止による会社バレ対応など、他の貸金業者を個人再生するよりも気を配らなくてはならない事が増えてしまいます。

ろうきんの借金返済でお悩みであれば、自己破産以外での解決も望めるなるべく早い時期に弁護士へ相談することが大切です。

当サイトおすすめ!借金問題に強い法律事務所

債務整理に強い「東京ロータス法律事務所」

岡田法律事務所
  • 借金問題の解決に特化
  • 相談は何度でも無料
  • 弁護士費用が安い・後払いOK
  • 全国対応
  • 土日・祝日・夜間も受付

東京ロータス法律事務所は、日本全国から相談を受け付ける借金問題に特化した法律事務所です。これまでに数多くの借金問題を解決してきた実績があり、そこで得たノウハウを駆使して相談者一人ひとりに適切な解決方法をご提案してくれます。

借金を減額したいのであれば、まずは東京ロータス法律事務所に無料相談をしてみると良いでしょう。相談は何度でも無料ですし、匿名相談、土日・祝日・夜間帯での相談も受付けてくれます。

また、東京ロータス法律事務所は弁護士費用が安い事務所としても知られているので、ほとんどの人にオススメできる法律事務所です。

東大法学部卒・25年以上の実績「名村法律事務所」

名村法律事務所
  • 東大法学部卒
  • 弁護士として25年以上の実績
  • 全国対応
  • 明瞭な料金体系・後払いOK

代表弁護士である名村泰三弁護士は、東大法学部卒の弁護士歴25年以上のベテランです。借金問題をはじめ様々な法律トラブルの解決実績があり、まさに法律のプロと呼ぶに相応しいキャリアの持ち主なので、債権者との和解交渉も安心してお任せできます。

また、弁護士費用は明瞭な料金設定となっていてわかりやすいですし、後払いにも応じてくれるのでとても良心的です。

日本全国から相談を受付けていますので、借金問題にお悩みであれば、まずは無料相談してみることをオススメします。

Copyright© 借金減額の教科書~借金返済はじめて講座~ , 2020 All Rights Reserved.