借金 お金の問題なるほどコラム

返済で首が回らない!借金生活に限界を感じたらどうしたらいい?

返済で首が回らない!借金生活に限界を感じたらどうしたらいい?
ねぇ先生、借金返済で首が回らなくなるって言うじゃない?それってお金のやりくりができないってことだろうけど、そうなった場合の良い解決方法ってないの?
そうだねぇ、首が回らなくなるっていうくらいだから、借金を借金で返す自転車操業状態に陥っている可能性が高いよね?

そうなると自力での返済は難しいと思うから、借金の減額や帳消しを考えた方がいいね。

借金の減額や帳消し?それって裁判所とかで手続きをする債務整理のこと?
その通り。ただね、債務整理にも色々あって、裁判所を通す手続きもあれば、裁判所を通さずに貸金業者との交渉によって借金を減らしていく手続きなんかもあるんだよ。

返済で首が回らない時は「借金の減額」を考えるべき

返済で首が回らない時は「借金の減額」を考えるべき

借金返済で首が回らなくなってしまった人の多くが、借金返済のために新たな借金を繰り返す多重債務に陥っています。

多重債務も末期になると、毎月の収入のほとんどが借金の返済に消えてしまい、家賃、高熱費、食費といった生活費すらも足りなくなってしまいます。

そのような状態に陥って返済に行き詰ってしまった場合、まず考えなければいけないことは借金の減額です。

無理に借金を返済するのではなく、「返せないものは返せない」とある意味開き直って毎月の返済負担を減らしていくことが生活再建のためには大切です。

 

借金の取立てが止まる

借金問題の解決には、借金を合法的に減額したり帳消しにできる債務整理という手続きが有効です。

債務整理を行うには、ある程度の専門知識や貸金業者との交渉力などが必要になるため、多くの場合は弁護士などの専門家に手続きを依頼することになります。

弁護士になどに依頼した場合、専門家は受任通知という文書を債権者に送付しますが、これによって借金の取立てが止まります

受任通知とは「債務者の代理人として債務整理を行いますので、今後すべての連絡は私までお願いします」という内容の文書です。

受任通知を受け取った債権者は、それ以降、債務者に直接取立てをすることができなくなるので、借金の取立てを止めることができます。

借金の取立ては、ご家族や職場にまで迷惑を与えることがありますので、取立てが止まることは、周囲の方々にも安心感を与えることができます

 

債務整理の種類

債務整理の種類には、「任意整理」「個人再生」「自己破産」「過払い金請求」があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

任意整理

裁判所を通さず債権者との直接交渉によって借金の利息や遅延損害金のカット、返済期間の延長などをする手続きです。

債権者との交渉が成立した場合、それ以降に返済していくお金はすべて元本に充てられるようになりますので、返せば返すほど借金が減っていきます

個人再生

裁判所を通して、法的強制力を持って借金を減額し、残った借金を原則3~5年で返済していく手続きです。

借金総額5,000万円以下の方が対象になり、手続きをしたほとんどの方が借金を5分の1にまで減額できます

また、自己破産とは違って、住宅を処分せずに借金を大幅に減額できるので、マイホームだけは死守したいという方に最適な手続きです。

自己破産

「多額の借金を背負ってしまった」「収入が全くない」などの理由で、返済の見通しが全くつかなず返済不能に陥ってしまった場合に、裁判所への申し立てを通じてすべての借金の返済義務を免除してもらう手続きです

過払い金請求

これまでに払い過ぎていた法定金利を超える利息分を返還してもらう手続きです

平成22年6月18日の法律改正によって違法金利による貸付はなくなりましたが、それ以前からキャッシングをしていた方は過払い金が発生している可能性が高いです。

債務整理の弁護士費用や手続きの流れについてはこちらのページをご覧ください。

 

借金問題に悩むことは恥ずかしいことではない

経済的に苦しくなってしまった時、大切なご家族がいれば借金をしてでも養おうとするのはごく当たり前のことです。

また、家庭や職場で溜め込んでしまったストレスを浪費やギャンブルで発散するのも珍しいことではありません。

借金をする理由は人それぞれですが、人は生きている以上、不注意や失敗は誰にでもあることです。

ですから、借金に悩むことは決して恥ずかしいことではないのです。大切なことは借金問題を放置したままにしないことです。

借金問題は一人で悩んでいても決して解決することはありません。返済が追いつかなくなってしまったら、専門家に相談をして借金の整理を考えましょう。

毎月の返済負担を減らし、今よりもお金に余裕のある暮らしを送ることが、あなたの借金で辛い思いをされているご家族のためにもなるはずです。

 

債務整理以外での解決は難しい

債務整理以外での解決は難しい

首が回らなくなるほど返済に行き詰ってしまった場合、債務整理以外での解決は難しいと言わざるを得ません。

借金問題に悩む人がよく考える債務整理以外の対処法について見ていきましょう。

 

おまとめローンでは借金そのものを減らせない

おまとめローンとは、複数の業者からの借り入れを一本にまとめることです。借金を一本化することによって金利や毎月の返済額が低くなるというメリットがあります。

しかし、おまとめローンを利用しても借金そのものを減らすことはできません。それどころか、最終的な返済総額が増えてしまう可能性すらあるのです。

借金の一本化によって借金総額が増えれば完済までの期間は長くなってしまいます。返済期間が長くなれば金利の支払いが増えてしまい、結果的に返済総額が増えてしまうことがあるのです。

おまとめローンをお考えの方は弁護士等の専門家に相談をして、債務整理とおまとめローンではどちらが適しているのかを判断してもらうことをお勧めします。

 

これでだけはNG!絶対にしてはいけないこと

借金に追われて首が回らない状態の人は、物事を冷静に判断できないことがあります。借金の返済が追いつかなくなったとしても、以下の方法では決して解決には至りませんのでご注意ください。

借金が苦しくてもしてはいけないこと
  • 闇金からお金を借りる
  • 借金返済のために借金をする
  • クレジットカードの現金化
  • ギャンブル・犯罪

闇金からお金を借りる

闇金から借り入れをしてはいけません。初めは甘い言葉で紳士的に融資を持ち掛けてきますが、一度でも返済を滞納してしまうと途端に態度を豹変させます。

闇金は認可されていない違法業者です。闇金にとって法律などあってないようなものなので、どんな手を使ってでもお金を回収しようとします。

闇金に手を出した結果、自らの意思で人生に幕を下ろすほど追い込まれてしまう人もいるくらいなので、決して闇金と関わってはいけません。

借金返済のために借金をする

すでにこのような状態の方もいるかもしれませんが、借金を返すために新たな借金を作ってはいけません。

これを何回か繰り返していると次第に感覚が麻痺してしまい、返済に困った時はまたお金を借りればいいと考えるようになってしまいます。

その結果、借金はみるみるうちに増えていき、やがて利息の返済すらも困難になってしまうのです。急場しのぎのつもりであっても、借金返済のための借金は避けましょう。

クレジットカードの現金化

クレジットカードにはショッピング機能の利用枠が備わっています。そのショッピング枠で購入した商品を専門業者に買い取ってもらい現金化することができます。

しかし、当然のことながら後日ショッピング枠の支払いをしなくてはいけませんので、結局はこれもその場しのぎの「延命行為」に過ぎません。

また、クレジットカードの現金化という行為そのものが、カードの機能を悪用して不当に利益を得たとして詐欺罪に問われることがありますので、絶対に行ってはいけません。

ギャンブル・犯罪

競馬や宝くじで大金を手にしたというニュースを見れば、借金に困った人がギャンブルに夢を託したくなる気持ちも分かる気がします。

しかし、世の中そんなに甘くはありません。ギャンブルをしたところで生活を建て直すほどの大金は手に入りませんので、大切なお金をドブに捨てるのと同じです。

また、犯罪でお金を手に入れることなどは論外です。法律を犯せば捕まります。オレオレ詐欺のように人を陥れてお金を騙し取ったとしても、必ずその報いを受けることになります。

 

返済不能になるまで借金をしてしまう理由

返済不能になるまで借金をしてしまう理由とその対処法

借金に借金を重ねていくうちに、いずれ返済不能に陥ってしまうことは容易に想像がつきます。

それでも尚、借金をしてしまう理由にはどのようなことがあるのでしょうか。その対処法と併せて確認をしていきましょう。

 

生活が苦しい

急な失業や病気などで収入が途絶えてしまっても、家賃や光熱費といった生活費はもちろんのこと、ローンの支払いに充てるお金などはなんとかして工面しなくてはいけません。

貯金があるうちはまだいいですが、それも底をついてしまえば背に腹は代えられません。生きていくため、家族を守るために借金も仕方のないことです。

しかし、いつまでも返済の目処が立たないまま借金し続けることは避けるべきです。副業をするなどして収入を増やす努力をしたり、公的制度を利用して援助を受けることを検討しましょう

公的制度による生活費の支援については以下のページをご覧ください。

 

他人の保証人になっている

他人の借金の保証人になっていると、主債務者が返済不能になった場合、代わりに借金を返済をしなくてはいけません。

一番良いのは借金の保証人にならないことですが、返済請求を受けてからではあとの祭りです。主債務者と協力をして解決の道を探す以外に方法はありません。

保証人に対して返済請求が行われたとしても、主債務者の返済義務がなくなるわけではありませんので、二人で協力をして返済をしていくか、どうしても解決が望めない場合は弁護士に相談をして自己破産を検討しましょう。

 

ギャンブル依存症

ちょっとしたストレス発散のつもりや、誰かに誘われて軽い気持ちで始めたギャンブルであっても、気づいた時には借金を作ってしまうほどマハってしまうことがあります。

一度ギャンブル依存症に陥ってしまうと、本人も辞めたくても辞められない状態になってしまい、家族の貯金を使いこんだり、借金をしてまでギャンブルを続けようとしてしまいます。

ギャンブル依存症から抜け出すには、家族の協力のもと、ギャンブル依存症外来などで少しずつ治療をしていくことが大切です。

また、債務整理をするとそのことが信用情報機関に記録され、その後約5~10年は新たな借金ができなくなるので、強制的に借り入れをやめることができます。

ギャンブル依存症のみならず、浪費癖で借金を繰り返してしまう人にとっても良策となります。

 

あなたの借金がなくなることによって、皆が幸せになれる

あなたの借金がなくなることによって、皆が幸せになれる

借金は自分ひとりだけの問題ではありません。あなたが借金をしていることによって、あなたの家族はもちろん、お金を貸している貸金業者にすら影響が出ているのです。

 

あなたの借金によって家族も苦しんでいる

あなたに家族がいる場合、そのことによって家族も苦しんでいることを忘れてはいけません。

借金があるために必要なものも買えない、子供は僅かな贅沢もできずに惨めな思いをする、取立てに怯えて落ち着いた生活を送れない。

今のまま借金問題の解決を先に延ばしにすることは、苦しむ家族を放置し続けることと何ら変わりがないことを自覚しなくてはいけません。

 

貸金業者も借金整理を望んでいる

意外に思うかもしれませんが、貸金業者としても返してもらえるか分からないままズルズルと返済を延滞されるよりも、さっさと借金整理に着手して欲しいと思っているのです。

返済が長引くにつれて債務者の借金はどんどん増えていき、最終的には自己破産せざるを得なくなってしまいます。

自己破産をしたら貸金業者は完全に貸し倒れとなってしまうので、そうなる前に任意整理の交渉を成立させ、元本だけでも返して欲しいと望んでいるのです。

 

「借金という病気」はひとりでは治らない

病気になりたくて病気になる人などいないように、借金を作りたくて作る人もいません。

借金という病気にかかってしまった時、最も大事なことは早期治療です。早期に集中治療することで借金地獄から抜け出すことが容易になります。

借金問題はひとりで悩んでいても、決して解決することはありません。返済が追いつかなくなってしまったら、早い段階で借金の整理を考えましょう。

専門家である弁護士などに相談をすれば、きっとあなたに適した最良の解決方法を提案してくれるはずです。

 

よくある質問

よくある質問

債務整理についてよくある質問をまとめてみました。

 

ギャンブルや浪費で作った借金でも債務整理できるの?

債務整理は可能です。ただし、自己破産については注意が必要です。

自己破産には免責不許可事由というものがあり、借金の理由によっては免責が下りない(借金の返済義務がなくならい)ことがあり、ギャンブルや浪費はこれに該当してしまいます。

ただ、実際のところはケースバイケースということが多いので、自己破産を検討する際は裁判所に強い弁護士を選ぶ事が重要になります。

ギャンブルや浪費による借金で債務整理をお考えの方には東京ロータスさんをお勧めします。債務整理に特化した事務所なので安心して手続きをお任せできます。

 

債務整理の弁護士費用ってどれくらいかかるの?

どこの法律事務所に依頼をするかによって異なりますが、弁護士費用の相場は概ね以下の通りになります。

弁護士費用の相場

任意整理 <着手金>1社あたり2万円~5万円
<報酬金>1社あたり2万円~5万円
<減額報酬>減額分の10%程度
過払い金請求 <着手金>1社あたり1万円~2万円 or 無料
<報酬金>1社あたり2万円以下
<減額報酬>回収額の20%~25%
個人再生 <着手金>1社あたり20万円〜30万円
<報酬金>1社あたり20万円〜30万円
<減額報酬>0円
自己破産 <着手金>1社あたり20万円〜30万円
<報酬金>1社あたり20万円〜30万円
<減額報酬>0円

最近では多くの事務所が弁護士費用の後払いに対応しています。

また、債務整理を開始した時点で債務者からの取立てが止まるので、それまで毎月返済に充てていたお金を弁護士費用として貯めておくことができます。

詳しくは担当弁護士から指示があるとは思いますが、手続き期間中に弁護士費用を貯めておいて、無理のないスケジュールで支払っていくことができますので、今手持ちのお金がない人でも弁護士に依頼をすることができます。

 

「借金返済で首が回らなくなった場合の対処法」まとめ

借金返済で首が回らなくなった場合についてのまとめ

今回は借金返済で首が回らなくなってしまった場合の対処法などについてまとめてみました。

本記事のポイント
  • 返済が追いつかなくなったら借金の減額を考える
  • 債務整理以外での問題解決は難しい
  • 家族や貸金業者ですら借金問題の解決を望んでいる

借金の返済が追いつかなくなってきた場合は、なるべく早い段階で債務整理を検討するべきです。

債務整理は借金問題に苦しむ人を救済する目的で作られた合法的な借金減額方法です。

このまま何もせず状況を悪化させるぐらいなら、思い切って債務整理で問題を解決してしまった方が、あなた自身のためにも、大切なご家族のためにもなります。

返済に行き詰ってしまった時は、決して無理に返済しようとはせず、まずは借金問題の専門家である弁護士などに相談をしてみましょう。

法律事務所に勤めていた私の経験上、専門家に現状を見てもらうことによって状況が劇的に改善することも決して珍しいことではありません

少しでも今後の返済に不安を感じているようでしたら、一度相談だけでもしてみるとよいでしょう。
 

たくさんの人が無料減額診断で解決への第一歩を踏み出しています

借金問題に毎日悩まされ、なんとか解決したいけど誰にも相談できない…そのような人には、弁護士による借金の無料減額診断をお勧めしています。

無料減額診断では、借入れ状況やお住まいの地域等から、あなたに最適な借金の解決方法をアドバイスしてくれます。

実際に多くの方が弁護士に無料診断をしてもらうことにより、借金問題から解放されています。

そしてほとんどの方が声をそろえて言うのが、「こんなに簡単に解決できるのなら、もっと早く相談しておけば良かった」という事です。

借金問題は悩んでいる間にも利息や延滞金が増え続け、どんどん状況が深刻化していきます。

まずは匿名で自分の状況を診断してもらい、1日も早く解決への第一歩を踏み出す事をお勧めします。

匿名で解決方法を診断してもらう⇒

借金減額診断

Copyright© 借金減額の教科書~借金返済はじめて講座~ , 2020 All Rights Reserved.