借金 お金の問題なるほどコラム

借金がある憂鬱な生活から抜け出して明るい人生を取り戻す方法

借金がある憂鬱な生活から抜け出して明るい人生を取り戻す方法
ねぇ先生、返しても返して借金が減らない先の見えない生活って、毎日が憂鬱で精神的にも辛いものよね…
そうだね。気分が落ち込んだ状態が長く続くとうつ病などを発症してしまうリスクもあるから、借金問題は早期に解決した方が良いね。
そうよね…。でも借金が膨らみ過ぎて、自力で解決できなくて苦しんでいる人はどうしたらいいの?
そういう人は債務整理による解決を検討した方がいいね。国が用意してくれた借金の救済措置である債務整理なら、大抵の借金問題は解決することができるんだよ

借金で憂鬱ならば債務整理を検討するべき

借金で憂鬱ならば債務整理を検討するべき

返済日が近づくと憂鬱になる
毎日毎日借金のことが頭から離れない

終わりの見えない借金生活は辛いものです。

利息の返済に追われるだけで元本が一向に減っていかないとなれば、借金生活に疲れ果てて気持ちも滅入ってしまうものです。

そのような状態が長く続くと、心身ともに無理がたたってしまい、自ら人生の幕を閉じてしまう人も少なくありません。

完済の目途が立たず憂鬱な日々を過ごしているのであれば、無理に自力で解決しようとはせず、国が用意してくれた救済措置である債務整理による解決を検討してみましょう

 

債務整理をお勧めする4つの理由

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つの種類があります。

債務整理の種類と特徴

債務整理の種類 手続き内容
任意整理 貸金業者との直接交渉によって、借金の利息を免除してもらい、残った借金を長期の分割払いにしてもらいます。
個人再生 裁判所を介して借金を5分の1程度にまで圧縮してもらいます。
自己破産 裁判所に申し立てをして、全ての借金の返済義務をなくしてもらいます。

どの手続きを選択するにしても以下のようなメリットを受けることができ、今よりも確実に状況が改善されます。

債務整理をお勧めする4つの理由
  • 借金の返済負担が減る
  • 完済までの見通しが立つ
  • 借金の取り立てが止まる
  • 最大限リスクを小さくできる可能性がある

借金の返済負担が減る

債務整理をすれば今よりも確実に借金を減らすことができます。

手続きの種類によって減額できる金額は変わってきますが、どの手続きを選択したとしても毎月無理のない範囲まで返済額を減らすことができます

毎月の返済負担が減ればお金にも心にも余裕が出てきて、返済日が近づくと憂鬱な気持ちになってしまうこともなくなるでしょう。

完済までの見通しが立つ

債務整理では、3年~5年で完済する計画に基づいて借金を減額することがほとんどです。

ただ単に借金を減らすだけではなく、具体的な返済計画もしっかりと立てなければいけませんので、手続き後は完済までの見通しが立った状態で返済をしていくことができます。

このことにより、利息の返済に追われて先の見えない返済生活からは確実に抜け出すことができます

借金の取り立てが止まる

債務整理の手続きでまず一番初めにすることは、弁護士などの代理人から各債権者に対して受任通知を送付することです。

受任通知とは「債務者の代理人として債務整理の手続きを行います」という通知文書のことで、これを受け取った債権者は、それ以降債務者に対して直接取り立てる行為を禁止されてしまうのです

毎日の取り立てで精神的に追い詰められてしまう債務者は少なくありませんし、取り立てによって家族や会社に借金がバレてしまうリスクもありますので、このことは債務者によって大きなメリットとなるでしょう。

最大限リスクを小さくできる可能性がある

選択する手続きによっては、債務整理によるデメリットを大きく回避することができます。

自己破産の場合ですと、借金が帳消しになる代わりにほとんどの財産を失い、連帯保証人にも影響を及ぼすことになってしまいます。

しかし、個人再生なら住宅を残しながら借金を1/5程度にまで大幅に減額できますし、任意整理であれば連帯保証人に迷惑を掛けることもなく、家族や会社に内緒のまま借金を減らすことができます

このように、借金が大きく膨れ上がって自己破産しか選択肢がなくなってしまう前であれば、個人再生や任意整理によってリスクを抑えながら手続きをすることができるのです。

借金問題の解決は1日も早い行動が大切です。一番デメリットの少ない任意整理で解決できるうちに弁護士に相談をしましょう!

 

解決できない借金はない!債務整理のよくある質問

解決できない借金はない!債務整理のよくある質問

始めての債務整理は何かと心配が尽きないものです。少しでも懸念点を解消できるよう債務整理のよくある質問をまとめてみました。

 

ブラックリストに載るの?

任意整理、個人再生、自己破産のどの手続きであっても一定期間ブラックリストに載ってしまいます。

個人信用情報機関によって異なりますが、掲載される期間は5年~10年間となることがほとんどです。

ブラックリスト期間中は、ローンが組めない、クレジットカードが作れない、新たに借金ができないといった制限を受けることになりますが、家族名義のクレジットカードなどには影響がありません

 

無職でも債務整理可能?

自己破産であれば手続き可能です。

任意整理と個人再生の場合、手続き後は残った借金を分割で返済していく必要がありますので、安定した収入が見込めない人は手続きができません。

一方、自己破産はすべての借金が免除されるので返済をする必要がなくなります。そのため収入のない無職の人でも手続きが可能です。

 

どの手続きにするか自分で選べるの?

ご自身で選べます。

但し、あまりに借金が膨れ上がってしまうと利息や遅延損害金を免除する程度では返済負担を軽くすることが難しくなってしまうため、その場合は、個人再生か自己破産を検討することになります。

 

家族や会社にはバレないの?

任意整理ならバレてしまうリスクはほとんどありません。

個人再生と自己破産は手続きをする本人の家族の書類が必要であったり、財産を手放すことを余儀なくされることがあるため、家族や会社に隠し通すのは困難と言わざるを得ません。

 

車は没収されてしまうの?

任意整理なら没収されることはありませんが、自己破産は査定価格が20万円以上の車やローンが残っている車は没収されてしまう可能性が高いです。

個人再生の場合は、査定価格の分だけ個人再生の手続きによって返済していくことができれば、必ずしも没収されてしまうことはありません

例えば、査定価格が100万円の車の場合、個人再生の手続き後に支払う借金総額は100万円以上でなければなりません。それを下回るようであれば、車を処分して返済に充てなければなりません。

 

債務整理は自分でも手続きできるの?

債務者自らが手続きをするのは極めて難しいと言えます。

個人再生と自己破産は裁判所を介す手続きのため、必要書類が多く手続き内容も複雑なので、素人が一人きりで行うのは現実的ではありません。

また、任意整理は裁判所を介す必要はありませんが、借金をしている本人が貸金業者に減額交渉を申し入れたとしても、門前払いで相手にすらされないでしょう。

もし応じてくれたとしても、知識や経験に勝る貸金業者側に有利な条件で和解させられてしまうリスクがありますので、弁護士に依頼をするのが一般的です。

 

憂鬱な気分からの抜け出し方

憂鬱な気分からの抜け出し方

借金問題に苦しめられて憂鬱な気分のままでいるのは、精神衛生上、決して良いことではありません。

債務整理による借金問題の解決と併せて、自身のメンタルをケアすることも考えていきましょう。以下に憂鬱な気分から抜け出すコツをまとめましたので、参考にしてみてください。

憂鬱な気分から抜け出すコツ
  • 思いっきり汗をかく
  • お風呂にゆっくり入る
  • 好きな物を食べる
  • 大声を出して泣く

 

思いっきり汗をかく

気分が落ち込んでいる時は、体を動かして思いっきり汗をかくことによって気分をリフレッシュできることがあります。

急に激しい運動をするのは危険ですが、近所をランニングしたり筋トレをする程度でもよいと思います。

気持ち良い汗をかいて、頭の中のモヤモヤやマイナス思考が一瞬でも消え去れば良い気分転換になるかもしれません。

 

お風呂にゆっくり入る

お風呂にゆっくり入ることによって、血行が良くなり心身ともに疲れが癒される効果が期待できます。

毎日シャワーだけで済ませてしまっている人は、じんわり汗をかく程度にゆっくり湯船に浸かってみると良いでしょう。

近所に銭湯や健康センターなどがある場合は、そのような施設で一風変わったお風呂に浸かってみるのも良い気分転換になるかもしれませんね。

 

好きな物を食べる

好きな物を好きなだけ食べるのも良いストレス発散となって、気分をリフレッシュすることができます。

気分が落ち込んでいる時は食欲がないものですが、食事による満腹感で胃腸の血流が良くなり、気持ちが落ち着いてメンタルをコントロールしやすくなります。

 

大声を出して泣く

ひょっとしたらこれが一番の特効薬かもしれませんね。

車内や河川敷など、とにかく人目のない所で子供のように大声で泣いてみると、気分がスッキリして前向きな気持ちになれることもあるでしょう。

人前ではなかなか涙を見せづらいものですが、老若男女問わず、泣きたい時は思いっきり泣いて発散することが大切です

 

憂鬱な気持ちになるほどの借金は今すぐ対処するべき!

憂鬱な気持ちになるほどの借金は今すぐ対処するべき!

気分が落ち込んで憂鬱になるほどの借金ともなれば、すでに自力での返済が困難になっている可能性が高い状態と言えます。

それほどの借金を、このまま何も対処せずに返済し続けていくことは大変危険なことです。

 

元本が減らないのはまさに地獄

借金というものは、地道にコツコツ返済をしてけば確実に減っていくものではありません。

借金には常に利息が付いてきますので、借金額が大きくなればなるほど利息の支払いも増え、返しても返しても元本が減らない状態に陥ってしまいます。

元本が減らないのは本当に辛いことです。終わりの見えない借金地獄に放り込まれたようなものです。

こうなってくると来る日も来るも借金のことが頭から離れなくなり、精神的にも追い詰められて毎日を憂鬱な気持ちで過ごすようになってしまいます。

そのうち返済が苦しくなってくると、借金返済のために新たな借金をする「自転車操業状態」に陥って、最終的には首が回らなくなって打つ手がなくなってしまいます。

 

心のバランスを崩して最悪の結末も

また、あまりにも借金問題に悩まされ続けていると、ストレスや不安な気持ちから心のバランスを崩してしまい、うつ病を発症してしまうリスクもあります。

病気によって働くことができなくなれば、真面目に返済をしたくても返済ができなくなってしまい、利息や遅延損害金によって借金がますます大きくなり、そのことによって精神的な負担もますます大きくなってしまいます。

このような悪循環に陥ってしまうと、借金問題とうつ病の二重の苦しみを背負うことになり、その苦しみから開放されるために自ら人生の幕を閉じてしまう人もいるのです。

 

早期行動こそが人生の再起に繋がる

早期行動こそが人生の再起に繋がる

最悪の結末を回避するためにも、返済が少しでも苦しいと感じるのであれば1日も早く問題解決に向けて動き出すべきです。

前述した通り、債務整理をすれば長年悩まされ続けていたことが馬鹿らしく思えるほど間単に大抵の借金問題は解決することができます

債務整理は借金苦に陥った人を救済して人生を再起してもらうための制度です。

病気で苦しい時は医者に診てもらうのと同じように、借金で苦しい時は債務整理する、それくらいの感覚で弁護士に相談をしてみてください。

これ以上借金問題が深刻化して自己破産しか選択肢がなくなってしまう前に、まずは借金問題の専門家である弁護士に相談をすることから解決へ向けて歩き出しましょう

 

たくさんの人が無料減額診断で解決への第一歩を踏み出しています

借金問題に毎日悩まされ、なんとか解決したいけど誰にも相談できない…そのような人には、弁護士による借金の無料減額診断をお勧めしています。

無料減額診断では、借入れ状況やお住まいの地域等から、あなたに最適な借金の解決方法をアドバイスしてくれます。

実際に多くの方が弁護士に無料診断をしてもらうことにより、借金問題から解放されています。

そしてほとんどの方が声をそろえて言うのが、「こんなに簡単に解決できるのなら、もっと早く相談しておけば良かった」という事です。

借金問題は悩んでいる間にも利息や延滞金が増え続け、どんどん状況が深刻化していきます。

まずは匿名で自分の状況を診断してもらい、1日も早く解決への第一歩を踏み出す事をお勧めします。

匿名で解決方法を診断してもらう⇒

借金減額診断

Copyright© 借金減額の教科書~借金返済はじめて講座~ , 2020 All Rights Reserved.