借金 お金の問題なるほどコラム

借金で火の車!借金地獄から抜け出して生活を楽にする方法

借金で火の車!借金地獄から抜け出して生活を楽にする方法

給料のほとんどが借金返済で消えてしまう…
借金の返済負担を減らしたい…

本ページでは、「借金まみれで家計が火の車」などと悩んでいる方に向けて、債務整理による借金問題の解決方法を解説しています。

また、家計の見直しによって生活苦から抜け出す方法なども解説していますので、ご自身の状況と照らし合わせながら、ぜひ最後までお読みください。

借金で火の車なら債務整理がお勧め

借金で火の車なら債務整理がお勧め

借金返済で「家計が火の車」と感じている場合、収入に対する月々の返済負担が大き過ぎて、すでに自力での返済が困難な状態にあることが多いでしょう。

そのまま無理をして返済を続けると、借金返済のために新たな借金を作ってしまったり、返済を滞納して利息や遅延損害金によって、ますます借金が膨れ上がってしまうリスクがあります。

少しでも返済が苦しいと感じているのであれば、弁護士に相談をして早期に債務整理を検討しましょう

 

法的に借金を減額できる

債務整理とは、借金問題に苦しむ人を救済することを目的とした救済措置のことで、法的に借金の減額や免除をすることができます。

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つの手続きがあり、どの手続きを選択するかは借金をしている人の収入や借り入れ状況などによって異なります。

債務整理の種類と特徴

債務整理の種類 手続き内容
任意整理 貸金業者との交渉を通じて、借金の利息を免除し、残った借金を長期の分割払いにしてもらいます。家族や会社に知られるリスクが少なく、利用者が一番多い手続きです。
個人再生 裁判所を介して、住宅などの財産を守りながら借金を5分の1程度にまで減額する手続きです。
自己破産 裁判所を介して、すべての借金を帳消しにしてもらいます。生活保護受給者や無職の人でも手続きが可能です。

 

手続き期間中に生活を立て直せる

どの手続きを選択するにしても弁護士などの専門家に依頼をすることになりますが、依頼を受けた専門家が始めにすることは各債権者に対して受任通知と呼ばれる文書を送付することです。

受任通知を受け取った債権者は、それ以降、借金の取り立てをしてはいけない決まりになっているので、手続き終了までは借金を返済する必要がなくなります

そのため、毎月返済に充てていたお金を別の支払いに回すなどして、手続き期間中に生活を建て直すことができます。

債務整理の手続き期間

  • 任意整理…2~6ヶ月
  • 個人再生…4~6ヶ月
  • 自己破産…約1年

また、手続き期間中に弁護士費用を貯めておくこともできますので、今現在、手持ちのお金がない方でも安心して弁護士に依頼をすることができます

 

利用者が一番多いのは任意整理

利用者が一番多いのは任意整理

先ほども少し触れましたが、債務整理の手続きの中で最も利用者が多いのは任意整理です。

個人再生や自己破産とは違い、任意整理は裁判所を通す必要がないため、手続きが簡単で家族や会社に知られるといったリスクやデメリットが一番少ない手続きだからです。

ただし、任意整理はあくまで借金の利息や遅延損害金をカットする手続きですので、元本そのものを減らせることはほとんどありません。

そのため、あまりに借金が高額になりすぎてしまうと、任意整理をしても借金の返済負担を減らすことができなくなってしまい、個人再生や自己破産を検討することになってしまいます。

誰にも知られずに簡単な手続きだけで借金問題を解決したいのであれば、これ以上事態が深刻化してしまう前に弁護士に相談をするようにしましょう。

東京ロータスさんは日本全国から匿名での無料相談を受け付けています。弁護士費用も最低水準なので、自信を持ってお勧めできる法律事務所です。

 

家計を見直してみることも大切

家計を見直してみることも大切

生活苦から抜け出すためには、債務整理による借金問題の解決と併せて家計の見直しを図ることも大切です。

 

支出を減らす

節約の第一歩は支出を減らすことです。ご自身にできることから取り組んでみましょう。

家計簿をつける

節約できる支出項目を把握するために、まずは家計簿をつけてみましょう。すべての面で支出を抑えるのではなく、現在の支出状況を把握したうえで効率的な節約ができます。

家計簿は手書きのものでも良いですし、最近ではスマホで簡単に収支が記録できる便利なアプリもあります。どのような形でも良いので、自分に合ったものをひとつ決め、毎日記録する習慣を身につけましょう。

生活を改める

生活が苦しくなったとしても人はなかなか生活レベルを落とすことができず、お金に余裕がある時と同じような感覚で浪費を続けてしまうものです。

外食や買い物、旅行、パチンコ、タバコにお酒など、節約できる項目として思い当たる節はないでしょうか。

生活が苦しいのであれば、少しづつでも良いのでこれまでの生活を改めて身の丈に合った生活を送ることが大切です。

 

収入を増やす

生活苦から抜け出すためには、節約と同時に収入を増やすことも大切です。以下でその具体的な方法をご紹介します。

副業を始める

現在はネットの普及によって、誰でも簡単に副業ができるようになりました。

クラウドワークスやランサーズなどのインターネット上で仕事の受注ができるサイトに登録すれば、記事作成やデザインの仕事などを請け負うことができます。

また、アンケートに答えるだけといったスキルや経験を問われない簡単な案件もありますので、数をこなすことによって誰もがある程度の副収入を得ることができます。

また、パソコンが苦手という人でも、引越し、宅配、倉庫作業、コールセンターなど、土日・夜間のみ勤務可能な仕事もありますので、空き時間を活用して収入を増やすことができます。

固定費をクレジットカード払いにする

クレジットカードのポイントはネットショップの支払いなどに充てることもでき、ポイントを貯めることはお金を貯めるのと同じことになります。

毎月必ず支払いが発生する光熱費、家賃、携帯代などをクレジットカード払いにするだけで、知らず知らずのうちにポイントが溜まっていきますので、少なからず家計の足しになるはずです。

また、固定費のみならず、普段の買い物もできる限りクレジットカード払いにするようにしましょう。

 

生活苦に陥ってしまう理由

生活苦に陥ってしまう理由

経済的に余裕のある人でも、今の時代、何かひとつのきっかけで簡単に生活苦に陥ってしまうものです。その代表的なパターンを見ていきましょう。

生活苦に陥ってしまう理由
  • 失業
  • 病気
  • 浪費・ギャンブル
  • 借金返済

 

失業

リストラや人間関係などで退職を余儀なくされ、すぐに次の仕事が見つからないと生活が苦しくなることがあります。

収入が途絶えてしまっても毎月の生活費や光熱費は必要になりますし、住宅ローンや車のローンを抱えていたり、子供の教育費などが必要な場合は尚更家計が苦しくなってしまいます。

貯金があればある程度の期間は生活することができますが、失業期間が長期化して、あっという間に百万円単位で貯金が減ってしまうことも珍しくありません。

 

病気

病気を患うと働くことが困難になり、生活苦に陥ってしまうことがあります。

近年、特にうつ病などの精神疾患による休職が増えており、復職できずにそのまま退職となって貯金が底をついてしまうケースも少なくありません。

傷病手当や失業手当の受給要件を満たしておらず、十分な貯金もないまま病気になってしまうと死活問題に発展し兼ねません。

 

浪費・ギャンブル

身の丈に合っていない買い物や、旅行に行くなどの過度な浪費も生活苦になってしまう原因になります。

また、パチンコやスロットなどのギャンブルは中毒性が高く、一度ハマってしまうと借金をしてでも続けようとしてしまい、いとも簡単に生活苦に陥ってしまうリスクがあります。

 

借金返済

借金返済は生活苦になってしまう一番の原因と言えます。

借金の返済は貸金業者への返済だけでなく、住宅ローンや自動車ローンなども含まれます。

収入に見合っていない無理なローンを組んだ結果、支払いが困難になって生活が苦しくなってしまうケースも少なくありません。

 

辛い返済生活には今すぐピリオドを打つべき

辛い返済生活には今すぐピリオドを打つべき

家計が苦しい状態のまま、何の対策も講じずに返済を続けていくことは非常に危険です。このまま無理な返済をしていくとどのようなリスクを伴うことになるのでしょうか。

 

借金の元本が減らない

借金の返済が苦しくなると、多くの人が借金返済のために新たな借金を繰り返し、いわゆる多重債務者となってしまいます。

借入れ先が2社程度のうちはまだ余裕がありますが、それ以上になると毎月の給料のほとんどが借金返済に消えてしまい、今ある自分の借金が幾らなのかすら把握できなくなってしまいます。

こうなると毎月利息の返済だけでいっぱいいっぱいになってしまい、返しても返しても元本が減っていかない地獄のような状態に陥ってしまいます。

 

闇金に手を出して最悪の結末も

まともな貸金業者は多重債務者には融資をしてくれません。どこからも借入れができなくなると、返済に困り果てて闇金に手を出してしまう人もいます。

闇金から借入れをしてしまうと、それこそ本当の意味での借金地獄の幕開けです。

法外な利息と昼夜を問わない過酷な取り立てで心身共に追い詰めらてしまい、自ら人生の幕を閉じてしまう最悪の結末を迎えてしまう人も少なくないのです。

 

自分にベストな解決方法は?

「借金の返済負担が大きくて苦しい」「借金完済の目途が立たない」、このようなことをお感じであるならば、一度弁護士に相談してみることをお勧めします。

一人だけで悩んでいた借金のことを誰かに話すだけで気が楽になりますし、弁護士であればあなたに見合ったベストな解決方法をアドバイスしてもらえます。

弁護士への相談は敷居が高いと思うかもしれませんが、大抵の弁護士は世間話でもするかのように、リラックスした雰囲気で親身になって話を聞いてくれます。

家計が火の車といった苦しい状態の人は、これ以上借金が膨れ上がってしまう前に、1日も早く弁護士に相談をして解決に向けて歩き出しましょう!

 

当サイトおすすめ!借金問題に強い法律事務所

債務整理に強い「東京ロータス法律事務所」

岡田法律事務所
  • 借金問題の解決に特化
  • 相談は何度でも無料
  • 弁護士費用が安い・後払いOK
  • 全国対応
  • 土日・祝日・夜間も受付

東京ロータス法律事務所は、日本全国から相談を受け付ける借金問題に特化した法律事務所です。これまでに数多くの借金問題を解決してきた実績があり、そこで得たノウハウを駆使して相談者一人ひとりに適切な解決方法をご提案してくれます。

借金を減額したいのであれば、まずは東京ロータス法律事務所に無料相談をしてみると良いでしょう。相談は何度でも無料ですし、匿名相談、土日・祝日・夜間帯での相談も受付けてくれます。

また、東京ロータス法律事務所は弁護士費用が安い事務所としても知られているので、ほとんどの人にオススメできる法律事務所です。

簡単3分!匿名・無料で利用できる「借金減額診断

東京ミネルヴァ法律事務所
  • 借金がどれだけ減額できるかを診断
  • 簡単1分・完全無料
  • 24時間受付中
  • 法律事務所が運営

今抱えている借金をどれだけ減額できるのかが、わずか3分でわかる無料の便利なサービスです。イラストで説明された簡単なシミュレーションなので、誰にでも簡単に利用できます。

「とりあえず借金をどれだけ減らせるのか知りたい」といった人は、「ミネルヴァ法律事務所」が提供する借金の減額診断を試してみることをオススメします。

東大法学部卒・25年以上の実績「名村法律事務所」

名村法律事務所
  • 東大法学部卒
  • 弁護士として25年以上の実績
  • 全国対応
  • 明瞭な料金体系・後払いOK

代表弁護士である名村泰三弁護士は、東大法学部卒の弁護士歴25年以上のベテランです。借金問題をはじめ様々な法律トラブルの解決実績があり、まさに法律のプロと呼ぶに相応しいキャリアの持ち主なので、債権者との和解交渉も安心してお任せできます。

また、弁護士費用は明瞭な料金設定となっていてわかりやすいですし、後払いにも応じてくれるのでとても良心的です。

日本全国から相談を受付けていますので、借金問題にお悩みであれば、まずは無料相談してみることをオススメします。

Copyright© 借金減額の教科書~借金返済はじめて講座~ , 2020 All Rights Reserved.