任意整理

任意整理は賃貸物件の入居審査・契約更新に影響する?

投稿日:2018年10月22日 更新日:

任意整理は賃貸物件の入居審査・契約更新に影響する?

 

任意整理をしたらアパートやマンションなどの賃貸物件には住めなくなるの?
そんなことはないよ。家賃をしっかり払ってさえいれば追い出される心配はないね。
そうなんだー。でも任意整理をすると信用情報機関にブラックリスト登録されるんでしょ?それが賃貸契約に影響することはないの?
不動産会社は信用情報を調べられないから、基本的には任意整理が賃貸契約に影響することはないよ。
「基本的には影響がない」ってことは、例外となるケースもあるってこと?
その通り。不動産会社以外が入居審査を担当したり、家賃がクレジットカード払いの場合は注意が必要になるかな。

それでは今回は任意整理と賃貸契約について詳しく教えてあげるね!

今年もあと少しで終わりですね。年内はしっかりと借金に向き合って、気持ち良く新年を迎えましょう!

 

任意整理をしても賃貸契約・更新への影響はない

任意整理をしても賃貸契約・更新への影響はない

任意整理をするとブラックリスト登録されてしまい、そのことによって「いま住んでいるところを追い出されてしまう」、「他のアパートやマンションの入居審査が通らないかも」と心配される人もいることでしょう。

結論から言えば、ブラックリストが賃貸物件の入居審査や契約更新に影響することはほとんどの場合ありません

まずはその理由から解説していきます。

 

不動産会社は信用情報を確認できない

アパマンショップやエイブルなどの不動産会社は、貸金業者とは違って個人の信用情報機関に加盟していません。そのため、信用情報を参照することができず、契約者や入居希望者の任意整理については調べることができないのです。

個人の信用情報は銀行や信販会社、貸金業者などがクレジットやローンの申し込み審査をする目的でしか参照することができません。

ですので、不動産会社に信用情報が調べられることはありませんので、賃貸物件の入居審査や契約更新への影響はありません。

ただし、賃貸契約の際に保証人が立てられない場合は注意が必要になります。この場合、保証人の役割を果たす保証会社への加入が必要になるのですが、保証会社によっては信用情報を調べられてしまう可能性があります。

信用情報を確認されて任意整理がバレてしまったとしても、賃貸物件に入居する方法はありますのでご安心ください。詳しくは「入居審査がNGとなってしまうケース」にてご説明します。

 

自己破産や個人再生をしても賃貸物件に住める

自己破産や個人再生の場合であっても、条件は任意整理と同じです。

家賃の滞納さえなければ、ブラックリスト登録されたからと言って部屋から追い出されることはありませんし、契約更新を拒否されることもありません。

以前は自己破産をしたら賃貸契約を解除されることもあったのですが、2004年の民法改正により、現在では自己破産を理由に賃貸契約を解除したり、契約の更新を拒否することが法律で禁止されています

 

アパートやマンションの入居審査とは?

アパートやマンションなどの賃貸物件に引越しをする際、必ずと言っていいくらい入居審査が行われますが、そもそも入居審査とは誰がどのようなことを審査するのでしょうか。

賃貸物件と任意整理の関係を説明する前に、まずは入居審査について確認しておきましょう。

 

入居審査の判断基準

賃貸物件の入居審査とは、大家や不動産会社が、入居希望者に家賃の支払い能力があるのか、入居後に隣人などに迷惑を掛けずに生活をしていけそうか、といった点を審査したうえで入居の可否を判断することを言います。

入居審査には明確な基準はないので、大家や不動産会社によって様々な視点で審査が行われます。入居希望者から提出された書類や、来店時の言動・挙動などが審査の主な判断材料になるのですが、中でも重要視されるのは「家賃の支払い能力」になります。

入居審査における代表的な審査項目

  • 家賃を滞納せずに払ってくれそうか(家賃に対する年収)
  • 職業、勤務先
  • 連帯保証人
  • 他の入居者や近隣住民とトラブルを起こさなそうか
  • 人柄、見た目、態度などに問題がないか
  • 反社会勢力でないか

上記の点を総合的に見て判断されるので、全ての項目をクリアしなければいけないといったわけではありません。

例えば、年収が多く家賃滞納の心配がないような人でも、他の入居者とトラブルばかり起こされては、退去する人も出てしまい空室だらけになってしまう可能性があります。

それとは逆に、見た目や人柄に問題はなくトラブルを起こさなそうな人でも、家賃に対する年収が少なければ家賃を滞納されてしまう可能性があります。

特に家賃の滞納というのは、大家にとっては最も注意を払いたい点のひとつになります。多くの場合、大家は物件をローンで購入しているため、家賃を滞納されてしまうと大家自身のローンの支払いに支障が出てくる可能性があるためです。

様々な審査項目がある中で一番重視されるのはやはり収入面であり、それをクリアしたうえで人柄や見た目に問題がなさそうであれば、基本的に入居審査には通過できるのです。

 

入居審査の流れ

続いては入居審査の流れについて見ていきましょう。審査を担当しているのは、基本的には不動産会社(仲介業者)・大家・管理会社・保証会社になります。

入居審査の流れ

最初に行われるのは不動産会社による審査になりますが、ここでの審査はあくまで形式的な簡単なものとなります。無職でないか、見た目や態度に問題はないか、といった点などがクリアできれば、ほとんどの場合は次のステップに進むことができます。

続いての審査は大家と管理会社による審査になります。大家が自分自身で物件を管理している場合は別ですが、最近ではほとんどの大家が管理会社と契約をしています。

そのため、大家と管理会社が別々に審査を行うケースが多く、両者の審査をパス出来なければ審査通過ということにはならないのです。

また、連帯保証人がいない場合や管理会社から加入を求められた場合は保証会社を利用することになるのですが、保証会社との契約にも審査が必要になります。

この場合、大家と管理会社の審査に加えて保証会社の審査までパス出来て、初めてそこで審査通過ということになります。

保証会社の審査はあくまで最終段階になりますので、保証会社が必要となる物件であっても、大家や管理会社の審査が通らなければ保証会社による審査は行われません。

入居審査にかかる日数

審査にかかる日数はだいたい1日~3日程度です。

大家が不在などで連絡が取れない場合は1週間ぐらい掛かる時もありますが、基本的に賃貸の審査は非常に迅速に行われるものなので、通常であればそこまで待つことはありません。

また、連帯保証人が用意できずに保証会社を使うケースの方が審査期間は長くなりますが、それでも1週間もあれば審査結果が出る場合がほとんどです。

入居審査に必要な書類

入居審査では、不動産会社から指示された書類を提出する必要があります。入居希望者の身元や勤務先、収入等を証明する大切な書類となります。

不動産会社によっては多少の違いはありますが、提出を求められる一般的な書類として次のようなものがありますので、審査を受ける際の参考にしてください。

入居申込書 不動産会社から渡されますので記入のうえ提出します
身分証のコピー 運転免許証又はパスポートのコピーなど
※顔写真付きの物でなければなりません
在職証明書 健康保険証、社員証、在籍証明書、内定通知書など
収入証明書 源泉徴収票、住民税課税決定通知書、課税証明書、直近の給与明細3ヶ月分など
今年もあと少しで終わりですね。年内はしっかりと借金に向き合って、気持ち良く新年を迎えましょう!

 

入居審査がNGとなってしまうケース

入居審査がNGとなってしまうケース

ここまでの話で入居審査についてはある程度ご理解いただけたと思いますので、続いては賃貸物件と任意整理の関係について見ていきましょう。

前述の通り、任意整理をしても多くの場合は賃貸物件の契約や更新などに影響することはありませんが、それでも任意整理が原因で入居審査に落ちることもありますので、それらのケースを確認していきましょう。

任意整理が入居審査に影響するケースは以下の2つになります。

任意整理が入居審査に影響するケース

  • 信販系の保証会社が入居審査を担当する場合
  • 家賃がクレジットカード払いの場合

 

信販系の保証会社が入居審査を担当する場合

信販系の保証会社は個人の使用情報機関に加盟しているので、信用情報を調べることができるのです。つまり、任意整理をしていることがバレてしまうのです。

そもそも保証会社とは?

前述の通り、賃貸契約の際には保証会社が必要となることがあります。保証会社とは、入居者が家賃を支払えなくなってしまった時に、家賃を肩代わりしてくれる会社のことです。

保証会社を利用しなければ賃貸物件に入居できないというわけではなく、連帯保証人を立てれば保証会社は不要の物件も数多くあります。

保証会社に掛かる費用には契約時に支払う「初回保証料」と入居後に支払う「更新料」があります。いずれも保証会社によって料金体系が異なりますが、初回保証料は月々の家賃の20%~100%というのが一般的な設定となっています。

更新料も保証会社によって様々で、1年毎に10,000円、2年目以降は家賃の○○%などと色々なケースがあります。

信販系の保証会社は信用情報を調べられる

保証会社には「独立系」と「信販系」の2種類がありますが、前述の通り、信販系の保証会社は信用情報を確認することができます。

信販系の保証会社とは、元々クレジットカードの発行を行ってきた会社のことなので、当然のようにCICなどの信用情報機関に加盟しているのです。

ですので、個人の信用情報に事故情報が登録されてしまい、いわゆるブラックリストに載ってしまった人は信販系の保証会社による審査を通過することはできません。

ブラックリストでも入居審査を通過するには?

ブラックリストに載ってしまった人が入居審査を通過する方法は以下の2つになります。

ブラックリストでも入居審査をパスする方法

  • 保証会社を必要としない物件を選ぶ
  • 「独立系」の保証会社で審査を通す
保証会社を必要としない物件を選ぶ

最近は入居に際して保証会社との契約を必須とする物件も増えてきてはいますが、連帯保証人を立てれば保証会社は不要の物件も数多くあります。

入居審査においては、保証会社の審査以外では信用情報を調べられることはありませんので、保証会社不要の物件であればブラックリストが原因で入居審査が不通過となることはありません。

「独立系」の保証会社で審査を通す

信販系の保証会社とは異なり、独立系の保証会社は信用情報機関に加盟していないので信用情報を調べることができません。

ですので、保証会社が必要な物件の場合は、信販系ではなく独立系の保証会社で審査を通すようにしましょう。

ただし、保証会社は自分で選ぶことができませんので、不動産屋に正直に事情を伝えて、希望する部屋は保証会社が必要なのか?保証会社は独立系なのか、信販系なのか?を教えて貰うようにしましょう。

借金問題のことを店員さんに話すのは気が引けるでしょうが、「任意整理をしたことがある」「ブラックリストに載っている」などと伝える必要はありません。

「支払いを延滞してしまったことがあって審査に通りにくい」程度で伝えれば、向こうもプロなのですぐに察してくれることでしょう。

以下は独立系と信販系の代表的な保証会社になります。ブラックリストの人は独立系の会社を選ぶようにしましょう!
独立系の保証会社 信販系の保証会社
オリコフォレントインシュア
全保連
日本賃貸保証(JID)
CASA(カーサ)
日本セーフティー
ナップ
ジェイリース
エルズサポート
新日本保証
フォーシーズ
近畿保証サービス
アプラス
エポスカード
ジャックス
セゾン
オリエントコーポレーション
セディナ
ライフ

 

家賃がクレジットカード払いの場合

家賃の支払いにクレジットカード払いを必須としている物件がありますが、このような場合も入居審査で落ちることになってしまいます。

任意整理後、ブラックリスト登録が解除されるまではクレジットカードを持つことができませんので、使えるカードがなければ当然のことながら審査を通過することはできません。

選べる物件の選択肢が多少狭くはなりますが、ブラックリストが解除されるまではカード決済の物件を避けるようにしましょう。

 

賃貸契約の更新で問題となるケース

賃貸契約の更新で問題となるケース

最近の賃貸物件は2年毎の更新が多いようなので、ブラックリスト解除まで約5年~7年と考えると不安になる人もいることでしょう。

しかし、先にも触れたように、現在の法律ではブラックリストを理由に賃貸物件から追い出したり、契約更新を拒否することは禁じられていますので、そこまで深く心配する必要はありません。

ただし、入居審査と同様、契約更新の際にも信販系の保証会社と家賃のクレジットカード払いが問題になってしまうので注意が必要になります。

 

信販系の保証会社と契約している場合

繰り返しになりますが、信販系の保証会社は信用情報を調べることができますので、任意整理をしたら今後の契約を断ってくる可能性があります。

このような場合は、不動産会社に相談をすれば別の保証会社を紹介してくれることもありますし、別の連帯保証人を追加することで賃貸契約を更新できる可能性もあります。

別の保証会社の審査が通らず、別の連帯保証人も見つからずに契約更新を拒否された場合は、弁護士など法律の専門家に相談をしましょう。

借金問題を理由に入居者を追い出すことは法律で認められていませんので、弁護士から不動産会社に働きかけることによって問題が解決する可能性は高いと言えるでしょう。

 

家賃をクレジットカードで支払っている場合

任意整理をすることによってクレジットカードが使えなくなってしまいますので、家賃の支払いをクレジットカードのみと指定されている場合は、契約更新を拒否されてしまう可能があります。

このような場合は、口座引き落としや振り込みなど別の支払い方法に変更するよう不動産会社に相談してみましょう。

交渉が難航した場合は、このケースでも弁護士に相談をすれば法的視点から交渉をうまくまとめてくれると思いますのでご安心ください。

今年もあと少しで終わりですね。年内はしっかりと借金に向き合って、気持ち良く新年を迎えましょう!

 

よくある質問

よくある質問

任意整理と賃貸物件についてよくある質問をまとめました。

 

任意整理をしたら賃貸契約の連帯保証人になれないの?

任意整理をしても他人の賃貸契約の保証人にはなれます。

ただし、家賃の支払い方法がクレジットカードの場合や信販系の保証会社を利用している場合は、やはり信用情報をチェックされてしまうので保証人になれないケースもあります。

全ての物件において連帯保証人の個人情報が調べられるとは限りませんが、もし調べられて任意整理がバレてしまった場合は審査落ちしてしまう可能性は高いでしょう。

任意整理が原因で連帯保証人になれない場合は、クレジットカードや信販会社を利用していない物件を探すようにしましょう。

 

任意整理をしたらレオパレス21には入居できないの?

任意整理をしていても入居できる可能性は高いです。

レオパレス21は他の賃貸物件に比べると審査基準が緩いと言われており、基本的には収入があって保証人が立てられれば審査を通過できることが多いです。

派遣社員やアルバイトであっても収入と保証人次第では入居は可能ですが、収入のない無職の場合は審査を通過するのは難しいです。

ただし、無職であっても契約期間分の費用を全額前払いするのを条件として、マンスリー契約であれば対応してくれる場合もあります。

 

任意整理と賃貸物件についてのまとめ

任意整理と賃貸物件についてのまとめ

今回は任意整理と賃貸物件について詳しく見てきました。

本記事のポイント

  • 不動産会社は信用情報を調査できない
  • 信販系の保証会社がついている物件、家賃がクレジットカード払いの物件は入居審査と契約更新に影響が出る可能性がある
  • 任意整理が原因で退去を命じられることはない
  • 任意整理をしても賃貸契約の保証人になれる

任意整理をしても、いま住んでいるアパートやマンションを追い出されることはありませんし、新しい賃貸物件に入居できなくなることもありません。

ただし、信用情報を調べられる可能性のある信販系の保証会社がついている物件、家賃がクレジットカード払いの物件には注意をしましょう。

新規で賃貸契約をする場合はどうしても断られてしまうこともありますが、契約更新で発生したトラブルであれば弁護士に相談をすれば多くの場合は解決できます。

また、任意整理を弁護士に依頼した場合、賃貸契約でトラブルになった時にも対応してくれるので、任意整理をしながら転居を考えている人は、弁護士に相談することをオススメします。

任意整理についてはこちらのページでも詳しく解説していますので参考にしてください。

 

当サイトおすすめ!借金問題に強い法律事務所

債務整理に強い「東京ロータス法律事務所」

岡田法律事務所
  • 借金問題の解決に特化
  • 相談は何度でも無料
  • 弁護士費用が安い・後払いOK
  • 全国対応
  • 土日・祝日・夜間も受付

東京ロータス法律事務所は、日本全国から相談を受け付ける借金問題に特化した法律事務所です。これまでに数多くの借金問題を解決してきた実績があり、そこで得たノウハウを駆使して相談者一人ひとりに適切な解決方法をご提案してくれます。

借金を減額したいのであれば、まずは東京ロータス法律事務所に無料相談をしてみると良いでしょう。相談は何度でも無料ですし、匿名相談、土日・祝日・夜間帯での相談も受付けてくれます。

また、東京ロータス法律事務所は弁護士費用が安い事務所としても知られているので、ほとんどの人にオススメできる法律事務所です。

簡単3分!匿名・無料で利用できる「借金減額診断」

東京ミネルヴァ法律事務所
  • 借金がどれだけ減額できるかを診断
  • 簡単3分・完全無料
  • 24時間受付中
  • 法律事務所が運営

今抱えている借金をどれだけ減額できるのかが、わずか3分でわかる無料の便利なサービスです。イラストで説明された簡単なシミュレーションなので、誰にでも簡単に利用できます。

「とりあえず借金をどれだけ減らせるのか知りたい」といった人は、「ミネルヴァ法律事務所」が提供する借金の減額診断を試してみることをオススメします。

東大法学部卒・25年以上の実績「名村法律事務所」

名村法律事務所
  • 東大法学部卒
  • 弁護士として25年以上の実績
  • 全国対応
  • 明瞭な料金体系・後払いOK

代表弁護士である名村泰三弁護士は、東大法学部卒の弁護士歴25年以上のベテランです。借金問題をはじめ様々な法律トラブルの解決実績があり、まさに法律のプロと呼ぶに相応しいキャリアの持ち主なので、債権者との和解交渉も安心してお任せできます。

また、弁護士費用は明瞭な料金設定となっていてわかりやすいですし、後払いにも応じてくれるのでとても良心的です。

日本全国から相談を受付けていますので、借金問題にお悩みであれば、まずは無料相談してみることをオススメします。

Copyright© 借金減額の教科書~借金返済はじめて講座~ , 2018 All Rights Reserved.