任意整理

任意整理で繰り上げ返済すると得なの?メリット・デメリットは?

更新日:

任意整理で繰り上げ返済すると得する?メリット・デメリットは?

 

任意整理で和解したあと、一括返済や繰り上げ返済で借金を予定より早く返すことってできるの?
貸金業者側がOKしてくれればできるよ。

任意整理は利息を返済する必要がないから、返済が長引いても貸金業者側には何もメリットがないんだ。だから早期返済の申し入れを断る理由はないと思うよ。

なるほどね。債務者側には早期返済をするメリットってあるの?住宅ローンみたいに返済総額が減るとか。
一括返済であれば返済総額を減らせるケースもあるよ。

それじゃ今回は任意整理における繰り上げ返済について詳しく解説していくね!

 

繰り上げ返済をしても大きなメリットはない

繰り上げ返済をしても大きなメリットはない

任意整理でお金に余裕が出てきた場合、残りの借金を繰り上げ返済して借金生活から早く開放されたいとお考えになる人もいることでしょう。

繰り上げ返済とは、返済計画で決まった毎月の返済額とは別に借金を返済することを指します。

繰り上げ返済で代表的なところと言えば、住宅ローンや自動車ローンなどが思い浮かびますが、任意整理においても繰り上げ返済をすることは可能です。

ただし、任意整理の場合は繰り上げ返済をしてもあまり大きなメリットはないので、そのメリットとデメリットをよく理解した上で決断したいところです。

 

 

任意整理の返済には利息が含まれない

住宅ローンや自動車ローンの場合、繰り上げ返済をすれば返済期間が短くなり、その分の金利の負担が減るので支払総額を減らせるというメリットがあります。

一方、任意整理の場合は元々利息が免除されているので、繰上げ返済をしても支払総額は変わらないのです。

 

任意整理で早期返済をするメリット

任意整理で繰り上げ返済をするメリット

任意整理後の早期返済には、どのようなメリットがあるのかを確認していきましょう。

 

返済額を減らせる可能性がある

前述の通り、任意整理後の返済には利息がないので繰り上げ返済をしても支払総額は減りませんが、一括返済であれば減額できる可能性があります

貸金業者に対して、残った借金を一括で返済する代わりに返済額を減らしてもらえないかと交渉をするのです。

貸金業者にしてみれば、どうせ貸しておいても儲けにならないお金なのです。早く回収ができて今後の管理の手間も省けるのであればと、多少の減額であれば検討してくることもあり、交渉がうまくいけば返済額の7~9割の返済で済む場合もあります。

減額交渉は貸金業者の決算期が狙い目!?

これは稀なケースにはなりますが、貸金業者の決算時期にあわせて減額交渉をすれば、通常では考えられないくらい大幅に減額されることがあります

貸金業者にも1年間の収益と損失を算出する決算期というものがあります。一般的には4月から翌年3月までの損益を算出する3月期決算と1月から12月までを一期とする12月期決算がよく知られています。

決算時期を迎えた貸金業者は国に税金を支払うことになりますが、そのためのキャッシュが不足している場合、一括でまとまった返済があると非常に助かるものです。そのため、この時期に減額交渉をすれば、大幅に減額をしてくれることもあるのです。

この決算時期を狙った交渉は一括返済に限ったことではなく、任意整理手続き中の交渉においても同じことが言えますが、交渉はあくまで専門家である弁護士や司法書士にお任せしましょう。

弁護士や司法書士であれば、決算期に交渉をまとめ易い貸金業者の情報を持っていますし、ここで紹介した「交渉するタイミング」以外にも、素人では考えつかないような交渉テクニックを教えてくれる場合もあります。

 

借金生活から開放され精神的な負担がなくなる

お金に余裕が出てきて、毎月無理なく返済できるようになっても借金は借金です。借金を抱えているとやはりどこか気分が晴れないものです。

しかし、繰り上げ返済をして全ての借金なくしてしまえば借金の重圧からくる精神的な負担もなくなり、気分的にはだいぶ楽になることでしょう。

借金があるために歯を食いしばって我慢してきた家族旅行なども、晴々とした気持ちで楽しむことができるのではないでしょうか。

 

 

任意整理で早期返済をするデメリット

任意整理で繰り上げ返済をするデメリット

続いては、任意整理後に早期返済をするデメリットを確認していきましょう。

 

期限の利益を放棄することになる

聞き慣れない言葉かと思いますが、期限の利益とは「お金を借りても返済期限まではお金を返さなくてもよい権利」のことです。

任意整理の場合だと、3年の分割払いで和解したのであれば、それを前倒しして1年や2年で完済をしなくてもよいという権利になります。

この権利があることによって、毎月の返済を滞りなく行っている限りは貸金業者から一括返済を請求されることはないのです。

しかし、任意整理後に一括返済や繰り上げ返済をするとなれば、この期限の利益の権利を放棄することになるのです。

貸金業者に一括返済日を伝えておきながら返済できなかった場合、利益の権利は放棄済みと見なされてしまい、貸金業者側に一括返済を請求する権利が発生してしまうことになるのです。

このような事態を避けるためにも一括返済や繰り上げ返済を検討する際は、弁護士などに相談のうえ慎重な判断を心掛けましょう。

 

ブラックリスト解除は早まらない

借金を早く完済しても、その分早く信用情報機関から事故情報が消える(ブラックリスト登録が解除される)わけではありません。

日本の信用情報機関には大きく分けてKSC・CIC・JICCの3つの機関がありますが、借金の完済日から5年以上」で事故情報が消えるところもあれば、「任意整理の手続き開始から5年以上」経たなければ消えないところもあるのです。

また、各信用情報機関は独自ネットワークシステムで事故情報を共有しているので、どこか1つの機関にでも事故情報が残っている限りブラックリスト解除とはならず、ローンを組むこともクレジットカードを作ることもできない状態が続くことになるです。

 

 

家計が苦しくなってもお金を借りれない

いくらお金に余裕が出てきたとしても、ブラックリスト状態が続いていることを忘れてはいけません。

無理なく繰り上げ返済をしていたつもりでも、不足の事態が起きて次回の返済に充てるお金が無くなってしまうこともあるかもしれません。

そのような時、一時的にでも借り入れができれば良いのでしょうが、ブラックリストが解除されていなければ当然できません。

また、一括返済によって借金が無くなったとしても、ブラックリストの解除までは借り入れができないので、早期返済した後の生活のことをよく考えたうえで一括返済を検討するようにしましょう。

 

早期返済をしてもよいケースとは?

繰り上げ返済をしても翌月の返済負担は軽くなりませんし、前述の通り、完済後もブラックリスト状態は続くため新たな借り入れもできません。

ですので、一括で完済ができ、且つその後の生活に支障がないと判断した場合以外は早期返済を避けるべきです。

現実的に考えられる一括返済のケースとしては、親の遺産や退職金などでまとまったお金が入った時となるでしょう。

 

よくある質問

よくある質問

任意整理と繰り上げ返済についてよくある質問をまとめました。

 

一括返済と繰り上げ返済ってなにが違うの?

早期返済の方法には一括返済と繰り上げ返済の2つがありますが、その大きな違いは借金の全額を返すのか一部しか返さないかといった点になります。

それぞれの詳細については下記をご覧ください。

一括返済

残っている借金をいっぺんに完済することを「一括返済」と言います。任意整理の場合、他の債務整理に比べて借金総額が小額な場合が多いので、ある程度返済を続けた後に全額を一度に返済するケースも珍しくありません。

繰り上げ返済

全額ではありませんが、返済計画で決まった毎月の返済額とは別に返済をすることを「繰り上げ返済」と言います。この繰り上げ返済をすることにより、通常3年~5年となることが多い任意整理後の返済期間を短縮することができます。

 

一部の貸金業者だけに一括返済をすることはできる?

できません。

複数の貸金業者を相手に任意整理をした場合、債権者平等の原則と言って、全ての債権者を平等に取り扱わなければならないのです。

例えば、Ⅹ社、Y社、Z社の3社に対して任意整理を行った場合、X社だけに一括返済するということはできず、3社全てに対して一括返済をしなければいけません。

 

任意整理と繰り上げ返済についてのまとめ

今回は任意整理と繰り上げ返済について詳しく見てきました。

本記事のポイント

  • 任意整理後の繰り上げ返済に大きなメリットはない
  • 一括返済をすればが支払総額を減らせることもある
  • 早期返済をしてもブラックリスト解除時期は変わらない

任意整理後の繰り上げ返済には、借金の重圧から開放されるなどのメリットがありますが、住宅ローンなどとは違って返済総額を減らすことはできません。

一括返済であれば交渉次第で減額できる可能性もありますが、その後の家計が苦しくなってしまうリスクもあります。

返済を続ける中で経済的に余裕が出てきたとしても、安易な繰り上げ返済は避け、必要であれば弁護士などの専門家に相談のうえ返済計画を慎重に見直してみましょう。

 

当サイトおすすめ!借金問題に強い法律事務所

債務整理に強い「東京ロータス法律事務所」

岡田法律事務所
  • 借金問題の解決に特化
  • 相談は何度でも無料
  • 弁護士費用が安い・後払いOK
  • 全国対応
  • 土日・祝日・夜間も受付

東京ロータス法律事務所は、日本全国から相談を受け付ける借金問題に特化した法律事務所です。これまでに数多くの借金問題を解決してきた実績があり、そこで得たノウハウを駆使して相談者一人ひとりに適切な解決方法をご提案してくれます。

借金を減額したいのであれば、まずは東京ロータス法律事務所に無料相談をしてみると良いでしょう。相談は何度でも無料ですし、匿名相談、土日・祝日・夜間帯での相談も受付けてくれます。

また、東京ロータス法律事務所は弁護士費用が安い事務所としても知られているので、ほとんどの人にオススメできる法律事務所です。

簡単3分!匿名・無料で利用できる「借金減額診断」

東京ミネルヴァ法律事務所
  • 借金がどれだけ減額できるかを診断
  • 簡単3分・完全無料
  • 24時間受付中
  • 法律事務所が運営

今抱えている借金をどれだけ減額できるのかが、わずか3分でわかる無料の便利なサービスです。イラストで説明された簡単なシミュレーションなので、誰にでも簡単に利用できます。

「とりあえず借金をどれだけ減らせるのか知りたい」といった人は、「ミネルヴァ法律事務所」が提供する借金の減額診断を試してみることをオススメします。

東大法学部卒・25年以上の実績「名村法律事務所」

名村法律事務所
  • 東大法学部卒
  • 弁護士として25年以上の実績
  • 全国対応
  • 明瞭な料金体系・後払いOK

代表弁護士である名村泰三弁護士は、東大法学部卒の弁護士歴25年以上のベテランです。借金問題をはじめ様々な法律トラブルの解決実績があり、まさに法律のプロと呼ぶに相応しいキャリアの持ち主なので、債権者との和解交渉も安心してお任せできます。

また、弁護士費用は明瞭な料金設定となっていてわかりやすいですし、後払いにも応じてくれるのでとても良心的です。

日本全国から相談を受付けていますので、借金問題にお悩みであれば、まずは無料相談してみることをオススメします。

Copyright© 借金減額の教科書~借金返済はじめて講座~ , 2019 All Rights Reserved.